ブログ

2020-04-07ブログ

フィリピン人が英語を話せる5つの理由

 

こんにちは。セブ島留学のLTEL Schoolです。

 

多くのフィリピン人は普通に英語を話すことができます。しかし、母国語は英語ではありません。国語にあたる言語はタガログ語であり、さらにセブなどの地方ではセブアノ語という言葉が日常で使われている言葉になります。

 

第2言語として英語を学ぶという点では日本もフィリピンも同じですが、フィリピン人の英語力は世界的に高い評価を受けており、一方で日本人の英語力はあまり高いとはいえません。そこで生まれる疑問は、なぜフィリピン人はこんなにも英語力が高いのか?ということになります。フィリピン・セブ島在住歴5年の学校スタッフがその秘訣を教えます。

 

 

フィリピン人にとって英語がいかに必要であるか?

 

1 学校の授業が英語で行われるから

2 植民地の歴史

3 仕事に直結するから

4 趣味にも英語が必要だから

5 街中に英語が溢れ、多くの外国人がいる

 

1 学校の授業が英語で行われるから

フィリピンでは、小学校から大学まですべての授業が英語で行われます。これには、もちろん公用語としての英語の重要性から、英語を使って教育を行っていくという根本的な国家の姿勢があると思います。しかし他にも、そもそも母国語であるタガログ語やセブアノ語に翻訳できない用語がかなりの数存在するため、最初から英語で勉強したほうが数学や化学など、圧倒的に分かりやすいという側面も存在するようです。もともと多くの学問は英語圏で発達し、英語の本などによって世界に広まっていったと思いますが、英語で記述されている内容を全部母国語の教科書に翻訳できるということは、実は当たり前のことではない、ということになります。母国語の語彙などによって、英語で勉強したほうが早い、またはまず英語を身につけないと、それ以上勉強が進まないという環境が国によってはあるということです。

 

2 植民地の歴史

これも重要なポイントの1つです。歴史的な背景から、日常の中に浸透している英語がものすごく多いというこです。たとえば宗教や法律といった、生きていく上でとても重要な内容を知っていくにしても、英語で理解する必要があったりしますので、生活する上で英語を避けることができないということです。

 

3 仕事に直結するから

これは非常に切実です。英語が話せれば就活で有利、というレベルの話ではありません。日本のように内需によって賄われる経済規模が大きくないフィリピンでは、外貨を獲得する仕事が重要になりますし賃金も高くなる傾向にあります。海外へ出稼ぎにいく人も多いですし、観光も外国人相手、とにかく英語が求めらますし、英語ができるかできないかによって職業の選択肢は大幅に変わってきます。

 

4 趣味にも英語が必要だから

日本で生きていると気づかないことですが、英語の本や映画などを全て日本語に訳して国内向けに販売できるのは実はかなりすごいことです。日本語という言語が、とても多くの語彙を持ち、豊かな表現力を持つ言語であるということができます。一方で、フィリピンでは本や映画などは英語で楽しむのが普通です。1でお話しした訳せない言葉の存在、それと同じで消費されるコンテンツも英語で見聞きするほうが良いことが多いでしょう。タガログで書かれた本がないわけではないですし、フィリピン映画というものは存在します。ただ、英語のものをタガログ語に訳したりはしない傾向にあり、結果としてそれもフィリピン人の英語力向上に役立っていると思います。

 

5 街中に英語が溢れ、多くの外国人がいる

日常の中で、英語がこれほど使われている国はやはり珍しいでしょう。看板やレストランのメニュー、道路標識など、そういったものをまず英語で書く、というその意識が英語を話せるようになる理由と言えそうです。スマホのパソコンの言語設定などを英語にし、日常の身の回りを英語に置き換えていくという英語の勉強方法は効果がありますが、国や街全体が最初からそういう環境になっている、といって良いでしょう。

 

このように、学問・宗教・仕事・趣味・生活の全てに英語が必要です。訳せない言葉がある以上、英語は必須であり、英語によって世界と繋がることができます。日本場合、日本語訳されたものを通じて世界の情報にアクセスできるので、必要性という点で日本人とフィリピン人では英語に対する考え方がまったく異なると言って良いでしょう。

 

このような事実から見えてくる英語学習のヒントもあります。英語を知らないとできないことが多い必要性や、趣味などやりたいことのためのモチベーション、こういった英語に対する動機付けの面をうまくコントロールしていきたいところです。

 

無料体験レッスンのお申し込みはこちらから↓

 

お気軽にご連絡下さい♪

 

 

Translate »