ブログ

2020-04-08ブログ

英語の目標設定のしかた

こんにちは。セブ島留学のLTEL Schoolです。

英語を話せる様になりたいと思っている人はたくさんいますが、何を英語で話したいか、という質問になるとあまり明確な答えにならない方は多いです。

 

本校では、英語の目標を立てることは重要なポイントとした上で、目標は始めた後に出てくるものなので、まずは始めてみることをオススメしています。ですが、その後継続的に学習して何か新しいことができるようになる、という成果にたどり着くためには、やはり目標設定は必要になってきます。

目標といっても、誰もが仕事やTOEICなどの試験を必要としているわけではありませんので、英語学習の目標というのはイマイチはっきりしないことも多いのが実情です。では目標設定はどのように考えるかといいますと、何を英語で話したいかを決めるということになります。自分が発信者の立場で、他の人に対してどういった内容をシェアしていきたいかを考えると、自分が英語を使ってどのようなことをしたいのか、という答えが見えてきます。あるいは自分が質問者の立場で、知りたい情報をどのようにして英語で質問するかを考えることも重要です。

 

日常英会話とはどういう内容なのか?

 

具体的に見ていきます。あなたは外国人の友達が欲しいと思ったとします。そのために必要な英語力とはどのようなものでしょうか?どのような目標設定をすれば良いでしょうか?
挨拶や自己紹介はもちろんですが、ランチに誘う、昨日の出来事を語る、などもしたいかもしれません。かなり深い付き合いの親友であれば、将来の夢を語ったり、冗談を言い合いながらお酒を飲むかもしれません。それをするのにはどのような英語が必要でしょうか?

 

これは一般的に日常英会話と呼ばれるものに該当しそうな気がします。多くの方は、どのような英語が目標ですか?という質問に対して日常英会話、と答えることが多いです。

 

ここで、自分が話したい内容をもう一度具体化して、それを英語学習の基礎と結びつけることで、日常英会話というものをもう少し具体的にすることができます。友達と昨日の話をしたいと思ったら、必要な英語力として、動詞の過去形を覚えたり、過去形という文法のルールを学ぶ必要が出てきます。

 

昨日映画を観たよ

 

という話をなんとなく友達とするという日常英会話のシーン。

 

I watch movie yesterday.

 

という英語にする初心者の方は少なからずいると思います。文法的に言うと、昨日のことを現在形で話しています。yesterdayと言っているので昨日だと分かりますが、動詞は現在形になっています。

 

と、このような話をすると、そんな細かい文法の話をしたいわけじゃなくて、もっと簡単な日常英会話さえできればいいんです、という答えが返ってきそうです。過去形を覚えたいわけじゃなくて日常英会話を覚えたいんです、ということです。

 

英語学習において、オススメしたい順番は、英文法として過去形を覚えてから友達を作るのではなく、友達を作り昨日の話をシェアしたいから過去形を覚えて使うという流れです。これが、英語学習の目標になります。過去形という英文法ではなく、友達に昨日の話をシェアする型=過去形という認識が持てた時、英語学習の目標設定の1つに中学英文法をマスターするという設定ができてきます。

 

テスト勉強としての英文法はとても嫌われもので、とにかく毛嫌いされやすいと思いますが、やりたいことから考えて必要なことを明確化すると、過去形はマスターしたほうが良い、なぜなら友達との日常英会話で使うから、という認識が生まれます。将来の夢を語りたければ未来形を覚えるかもしれませんし、経験を語りたいから現在完了形を学習するかもしれません。

 

自分の言いたいことが知識と結びついて目標になる

 

接客英会話において、「あなたのお名前を教えていただけますか?」を英語にしてくださいというと、What is your name?と答える方が8割以上です。ですが、Please tell me your name?もあれば、May I know your name?もあります。本当はどれが自分に必要な英語なのかはある程度学習が進んだ時に分かってくるので、この例であげた3つのうち、ここで言いたいことがどれか分かるくらいまでは、とりあえずやってみることをオススメします。

 

LTEL Schoolでは、このような目標設定と必要な知識の関係、これらは日本人講師が解説したり、カウンセリングにおいてアドバイスしたりしています。これらの日本人サポートは、留学・オンライン英会話を問わず無料で受けることができますのでぜひご利用ください。

 

 

無料体験レッスンのお申し込みはこちらから↓

 

お気軽にご連絡下さい♪

 

 

Translate »